わかる 専門科目の基礎サポート

基礎サポートとは?

開室時間は予約なしでも利用可能です。
スタッフへ気軽にお声がけください。
ひとりひとりに合わせた個人指導で学習をサポート。未履修科目・苦手科目の学び直しや、専門科目の基礎学習、各種試験勉強など、希望に応じた指導を行います。数学、化学、物理、解剖生理学基礎、日本語表現の先生が在室します。

在室時間表

前期と後期で在室時間が変わります。

在室時間表

利用の仕方

1.まずは学習支援センターへアクセス
学習支援センターカウンターを訪ねる。または、学習支援センターへメールを送る
2.困っていることや利用の希望などをスタッフにお知らせください
例えばこんな困りごと・・・
「授業のここが分からない」「レポートの書き方を知りたい」「セミナーを申し込みたい」・・・
3.希望に沿ったサポートを提供します
例えばこんなふうに・・・
「この先生に聞くといいよ!」「この時間に予約する?今質問していく?」
「セミナーの予約をお受けしました。」・・・
4.センターのサポート利用開始!

 

HPからの基礎サポート申込は準備中です。

過去の利用例

みんなの利用例
みんなの利用例

先生の紹介

科目:数学
先生:髙橋賢志先生
数学って難しいですよね。
そんな数学が好きになってしまった大学院生の高橋です。
しかし、好きでも、元々数学ができたわけではありません。皆最初はできない事だらけです。僕と一緒に数学を楽しく、できるようになりましょう!趣味も割と多彩な方なので、是非なんでも話に来てくださいね。
科目:化学・数学
先生:加藤大輔先生
スノボとビリヤードとパソコンに燃える加藤です。高校生の家庭教師をしています。化学は丸暗記教科じゃありません。少し覚えて考えるだけで答えがでてきます。モルや濃度とかちょっと…な人はぜひ来てください。相談にも乗ります。
科目:物理
先生:佐藤一英先生
物理はとっつきにくい科目だと思われているようですが、決してそんなことはありません。どんどん質問に来てください。趣味は囲碁将棋。この大学に囲碁将棋部があればいいのになぁ・・と思っています。
科目:日本語表現
先生:田沢和夫先生
こんにちは。落語家の春風亭昇太似なのに、日本語表現を担当しています田沢です。
履歴書の書き方からレポートの作成法まで、日本語に関することなら何でもご相談に乗ります。お気軽にセンターまで足を運んでください。
よろしくどうぞ。

科目:大学院生による解剖生理学

先生:北澤友子先生
PT12年目でバイオメカニクスの研究をしています。解剖や生理学など学科の授業の内容と合わせて理解を深められるよう協力できればと思っています。臨床のことや国試対策なども気軽に相談してください。

 

先生:池津真大先生
大学院1年の池津真大です。小学校から高校まで体操競技をやっていました。高校時代にスポーツ障害を経験したこともあり、大学院では解剖学的観点からスポーツ障害の研究をしています。解剖学や生理学は、非常に難しく、分からないのが当たり前です。みなさんと一緒に勉強して理解を深めていけたらと思います。気軽に学習支援センターに立ち寄ってください。

 

先生:金子史弥先生
大学院の金子史弥です。大学院では解剖に焦点を当てた研究を行っています。解剖・生理学は医療職を目指す方にとって避けては通れない道だと思います。難しいと感じてしまうとなかなか勉強が進まず、苦しむことの多い科目の一つです。できる限り簡単に取り組めるようにアドバイスできればと思っています。談笑にもお付き合いします。気楽に足を運んでみてください。宜しくお願いします!!

 

先生:小島将先生
大学院1年の小島将です。趣味はバスケットボールです。大学院では運動による脳や心臓、肺などの循環について学んでいます。少しでもみなさんの力になりたいですし、一緒に楽しく知識を身に付けていけたらと思っています。学習支援センターに立ち寄った時は気軽に声をかけてください。