わかる 専門科目の基礎サポート

基礎サポートとは?

開室時間は予約なしでも利用可能です。
スタッフへ気軽にお声がけください。
ひとりひとりに合わせた個人指導で学習をサポート。未履修科目・苦手科目の学び直しや、専門科目の基礎学習、各種試験勉強など、希望に応じた指導を行います。数学、化学、物理、解剖生理学基礎、日本語表現の先生が在室します。

在室時間表

前期と後期で在室時間が変わります。(クリックすると拡大表示されます。)
 

利用の仕方

1.まずは学習支援センターへアクセス
学習支援センターカウンターを訪ねる。または、学習支援センターへメールを送る
2.困っていることや利用の希望などをスタッフにお知らせください
例えばこんな困りごと・・・
「授業のここが分からない」「レポートの書き方を知りたい」「セミナーを申し込みたい」・・・
3.希望に沿ったサポートを提供します
例えばこんなふうに・・・
「この先生に聞くといいよ!」「この時間に予約する?今質問していく?」
「セミナーの予約をお受けしました。」・・・
4.センターのサポート利用開始!

 

HPからの基礎サポート申込は準備中です。

過去の利用例

みんなの利用例
みんなの利用例

先生の紹介

科目:数学
先生:髙橋賢志(たかはし さとし)先生
数学って難しいですよね。
そんな数学が好きになってしまった大学院生の高橋です。
しかし、好きでも、元々数学ができたわけではありません。皆最初はできない事だらけです。僕と一緒に数学を楽しく、できるようになりましょう!趣味も割と多彩な方なので、是非なんでも話に来てくださいね。
 
 
科目:化学・数学・物理
先生:加藤道修(かとう どうしゅう)先生 誕生:新潟県三条市  子どもの頃の夢:理論物理学者  趣味:数学
好物:コーヒー、シュークリーム 困っていること:体重増加  好きなこと:睡眠
伝言:学生の皆さんが有意義な生活を送り、夢を叶えることを願っています。数学、物理、化学などを
担当していますので、気軽に訪ねてください。応援します!
 
 
科目:化学・健康栄養学科基礎科目
先生:夏井紗野(なつい さや)先生
修士課程1年目の夏井紗野です。趣味は水泳とバドミントンです(今年初めて佐渡で遠泳にチャレンジします!)大学院ではスポーツ栄養の研究をしながら、教職取得(栄養教諭)のために学部の皆さんと一緒に講義を受けています。本学を卒業後、約3年間病院で勤務していました。担当科目は主に栄養学全般なので、栄養学科の方と関わる機会が多くなると思います。「栄養学ってこんなに大切なんだ!」や「今の勉強は現場でこんな風に役に立つんだ!」と思ってもらえるように分かりやすく教えていけたらなと思っています!よろしくお願いします☺
 
科目:物理
先生:佐藤一英(さとう かずえい)先生
物理はとっつきにくい科目だと思われているようですが、決してそんなことはありません。どんどん質問に来てください。趣味は囲碁将棋。この大学に囲碁将棋部があればいいのになぁ・・と思っています。
 

科目:日本語表現

先生:田沢和夫(たざわ かずお)先生

こんにちは。落語家の春風亭昇太似なのに、日本語表現を担当しています田沢です。
履歴書の書き方からレポートの作成法まで、日本語に関することなら何でもご相談に乗ります。お気軽にセンターまで足を運んでください。よろしくどうぞ。

 先生:青木仁(あおき ひとし)先生
この4月から日本語表現を担当しています。日本語表現を担当していますが、あまり日本語が得意ではありません⁈一緒に考えていきたいと思います。ほかの先生方より少し長く(永く)生きているので、色々な悩みや人生相談にも乗ります。気楽に声をかけてください。

科目:大学院生による解剖生理学
先生:徳永由太(とくなが ゆうた)先生
博士後期課程の大学院生の徳永由太です.大学院に入学するまでは,理学療法士として病院で3年間,訪問看護ステーションで3年間勤務していました.私も新潟医療福祉大学のOBですので,皆さんが勉強で苦しむポイントには上手く対応できると思います.基本的には解剖・生理学と留学生の研究支援を担当していますが,他の科目でも対応できることがありますので,気軽に声をかけてください.モットーは「どうせやるなら楽しくやる」です.ぜひ,学習支援センターを活用して学ぶ楽しさを体験してみてください.

 先生:池津真大(いけづ まさひろ)先生
大学院2年の池津真大です。小学校から高校まで体操競技をやっていました。高校時代にスポーツ障害を経験したこともあり、大学院では解剖学的観点からスポーツ障害の研究をしています。解剖学や生理学は、非常に難しく、分からないのが当たり前です。みなさんと一緒に勉強して理解を深めていけたらと思います。気軽に学習支援センターに立ち寄ってください。

先生:金子史弥(かねこ ふみや)先生
大学院の金子史弥です。大学院では解剖に焦点を当てた研究を行っています。解剖・生理学は医療職を目指す方にとって避けては通れない道だと思います。難しいと感じてしまうとなかなか勉強が進まず、苦しむことの多い科目の一つです。できる限り簡単に取り組めるようにアドバイスできればと思っています。談笑にもお付き合いします。気楽に足を運んでみてください。宜しくお願いします!!

先生:小島将(こじま しょう)先生
大学院2年の小島将です。趣味はバスケットボールです。大学院では運動による脳や心臓、肺などの循環について学んでいます。少しでもみなさんの力になりたいですし、一緒に楽しく知識を身に付けていけたらと思っています。学習支援センターに立ち寄った時は気軽に声をかけてください。

先生:佐藤成(さとう しげる)先生
大学院1年の佐藤成です。大学院ではストレッチや筋トレの研究をしています。趣味は筋トレとランニングです。毎日のように本学のトレーニングセンターに通って筋肉とお友達になろうとしています。僕の紹介はさておき、解剖学と生理学は難しいように思えますが、勉強すればするほど面白いと感じられる科目だと思います。みなさんに「解剖学と生理学は面白い!」と感じていただけるように指導していきますので、よろしくお願いします。

先生:清野涼介(きよの りょうすけ)先生
大学院1年の清野です。小さいころから身体を動かすのが好きで,現在の趣味は筋トレです。大学院ではホットパックやアイシングなどを使用する物理療法を研究テーマにしています。解剖生理学は高校までの勉強と異なる部分や覚えることも多くて戸惑うこともあるかと思います。ですが,人体のメカニズムはとても上手くできているので,そこを面白い!と感じることができれば学習が捗ると思っています。少しでもみなさんの学習のお手伝いができればいいと思っていますので,気軽にお声をかけてください。

先生:渡部貴也(わたべ たかや)先生
大学院1年の渡部貴也です。大学院では足部の傷害が全身に及ぼす影響を研究しています。解剖学や生理学など難しそう‥というイメージを持つかもしれませんが、一つずつ一緒に勉強して理解していきましょう。ぜひ、気軽に学習支援センターに立ち寄ってみてください!

先生:松澤寛大(まつざわ かんた)先生
大学院1年の松澤寛大です。小学校から高校まで野球をやっていました。大学院では野球選手のケガを予防できるよう研究しています。「人間の体ってすごい~!」と思ってもらえるよう生理学・解剖学を中心に指導していきたいと思います。指導することに関しては1年生なので、精一杯頑張ります。本学の卒業生なので皆さんぜひ仲良くしてくだい!!宜しくお願いします。